2014年01月09日

平成26年度内閣府 食品安全モニターの募集

行政モニターの募集情報です。
現在、内閣府食品安全委員会が平成26年度食品安全モニターの募集を行っています。
今年度の募集要項は去年とほとんど変わっていませんが、スマホ、携帯からのモニター参加は不可だと明記されました。

■ モニター名 食品安全モニター
■ 募集人数 60名程度(見込)
■ 募集期間 平成25年12月17日〜平成26年2月3日(月)17:00まで
■ 募集条件
国内在住、満20歳(平成26年4月1日の時点で)以上であること。
公務員でないこと。
食品安全モニター会議に出席できる人。
インターネットで食品安全委員会のWEB ページから、ワード、エクセルファイルをダウンロードして入力し、これらのファイルを電子メールで送信できる人。(スマートフォン、携帯は不可)
さらに、以下1〜3のいずれかの条件を満たしていること。
(1)大学等で食品に関係の深い学問(医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学、家政学、食品工学等)を専攻し修了した方
(2)食品に関係の深い資格(栄養士、管理栄養士、調理師、専門調理師、製菓衛生師又は食品衛生管理者その他の事務局長が適当と認めるもの)を保有の方
(3)食品安全に関する業務を業としている方若しくはしていた方又は常勤公務員として食品の安全に関する行政に従事していた方(平成25年4月1日現在常勤の公務員でないこと)

■ モニター期間 
原則1年間だが、最長5年間まで延長あり。
■ 謝礼
食品安全モニター実施要綱、及び、食品安全モニター制度運営要領に基づいて、謝金が支払われる。
過去のデータでは、報告1件につき謝礼1000円。(半年間で最高6000円)
■ 謝礼の受け取り方法
銀行口座に現金振込される。
■ モニターの活動内容
(1)年に数回、アンケート調査に回答する。
(2)食品安全委員会の運営に関する提案を行う。
(3)期間中に食品の安全に関する危害情報を入手した場合、食品安全委員会に報告する。
(4)年に一回、食品安全モニター会議へ出席する。
■ 応募方法
公式サイトの食品安全モニター応募専用フォームから応募する。
■公式サイト
平成26年度食品安全モニターの募集について(お知らせ)
http://www.fsc.go.jp/monitor/2412/monitor-boshu.html

■備考
食品安全モニター会議は仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡で開催され、モニター会員は自宅から最も近い会場で行われる会議に参加する。会議の所要時間は3時間半。会場までの旅費は支給される。

〜こんな人におすすめ〜
食品の安全について興味がある人。仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡近辺にお住まいの人。
行政モニターは活動内容が楽な割に報酬が高いので、募集条件に合う方にはおすすめです。

関連記事:カテゴリー「行政モニター」
posted by tama at 03:49 | 行政モニターの募集
2013年12月09日

平成26年度厚生労働行政モニターの募集

行政モニターの募集情報です。
現在、厚生労働省では平成26年度厚生労働行政モニターを募集しています。

■ 募集人数 504名
■ 募集期間 2013年11月25日(月)〜2014年1月24日(金)(当日消印有効)
■ 募集条件 厚生労働行政に関心を持つ20歳(平成26年4月1日現在)以上の日本国民
       ※ただし、国会議員や地方議会議員、常勤の国家公務員、地方公務員、過去3年間に厚生労働行政モニターを経験した人を除く。
■ モニター期間 1年間(2014年4月1日から2015年3月31日まで)
■ 謝礼
報告書(800文字程度)につき1,000円(予定)
※謝礼金は1人当たり年間5,000円(予定)を上限とする。
■ 謝礼の受け取り方法
記載なし
■ モニターの活動内容
・厚生労働省の施策(テーマは自由)について、意見や要望の随時報告
・特定の行政課題への意見や提言などの報告(不定期で依頼)
・アンケート調査への回答
■ 参加方法
公式サイトの募集ページからモニターに応募する。FAX、ハガキ、Eメールでも応募可能。
■公式サイト
厚生労働行政モニターの募集(公式サイト)
■備考
厚生労働行政モニターの謝礼は高すぎず、低すぎず、行政モニターとしては平均的な金額だと思います。

〜こんな人におすすめ〜
選考の結果、モニターに選ばれた人は3月下旬頃までに厚生労働省から連絡が来ます。選考に漏れた場合は何の連絡もありません。謝礼はそう高くないですが、行政モニターを経験してみたい方にはおすすめです。

関連記事:カテゴリー「行政モニター」
posted by tama at 05:23 | 行政モニターの募集
2012年12月20日

国土交通行政インターネットモニターの募集

行政モニターの募集情報です。
国土交通省では毎年3月に国土交通行政インターネットモニターを募集しています。

■ モニター名 国土交通行政インターネットモニター
■ 募集人数 全国で1200名(全国を9ブロックに分け、ブロック毎に募集者数を設定)
■ 募集期間 毎年3月1日〜3月31日
■ 募集条件 日本国内に居住する20歳以上の人。インターネットを容易に利用でき、国土交通行政に対する関心と熱意のある人。
■ モニター期間 1年間
■ 謝礼
国土交通省が提示した課題・アンケートへの提出実績に応じて謝金が支払われる。過去のデータでは、一人4千円が謝金の上限。
■ 謝礼の受け取り方法
記載なし
■ モニターの活動内容
インターネットを使って国土交通省が提示する課題やアンケートに意見・回答を送る。また、国土交通行政に関する意見を随時意見書として提出することができる。
■ 参加方法
公式サイトの募集ページからモニターに応募する。
■公式サイト
国土交通行政インターネットモニター公式サイト
国土交通行政インターネットモニターの詳細情報(pdfファイル)
■備考
国土交通行政インターネットモニターは平成16年度から実施されている行政モニターです。謝礼額はあまり高くありませんが、座談会や説明会などがなく、モニター会員はインターネットを使って意見を送ったりアンケートに回答したりするだけなので気軽に参加できます。募集人数も多いので、行政モニターを体験してみたい人におすすめです。

〜こんな人におすすめ〜
行政モニターに興味がある人、国土交通行政に関心がある人におすすめです。

関連記事:カテゴリー「行政モニター」
posted by tama at 05:49 | 行政モニターの募集
2012年12月19日

厚生労働行政モニターの募集

行政モニターの募集情報です。
厚生労働省では毎年12月下旬から1月中旬にかけて、厚生労働行政モニターを募集しています。

■ モニター名 厚生労働行政モニター
■ 募集人数 504名(選考あり)
■ 募集期間 毎年12月下旬〜1月中旬(2013年度は12月17日〜2月15日)
■ 募集条件 厚生労働行政に関心を持つ20歳以上の日本国民。ただし、過去3年間に厚生労働行政モニターを経験した人は除く。
■ モニター期間 1年間(4月〜翌年の3月まで)
■ 謝礼
2013年度の謝礼は報告書(800文字程度)につき1,000円。謝礼金は1人当たり年間5000円を上限とする。
過去のデータでは、報告書(800文字程度)1件につき2,000円。謝礼金は1人当たり年間12000円が上限でした。残念ながら、2013年度から謝礼の額が半分にまで下がってしまったようです。
■ 謝礼の受け取り方法
記載なし
■ モニターの活動内容
・厚生労働省の施策(テーマは自由)について、意見や要望の随時報告
・特定の行政課題への意見や提言などの報告(不定期で依頼)
・アンケート調査への回答
■ 参加方法
公式サイトの募集ページで募集要項を確認し、Eメール、はがき、ファックスのいずれかの方法で応募する。選考結果は3月中旬までに通知される。
■公式サイト
厚生労働行政モニター
平成25年度厚生労働行政モニターの募集について

■備考
厚生労働行政モニターの謝礼は高すぎず、低すぎず、行政モニターとしては平均的な金額だと思います。
また、厚生労働行政モニターは一度応募を締め切った後、追加募集することがあります。(平成24年度のモニターは1月下旬から2月中旬にかけて、追加募集が行われました)

〜こんな人におすすめ〜
行政モニターに興味がある人、子育て支援や医療体制の整備、生活習慣病対策、年金、働く人のための環境整備、雇用対策など、国民生活に密着した施策に関心がある人におすすめです。

関連記事:カテゴリー「行政モニター」
posted by tama at 01:27 | 行政モニターの募集
2012年12月07日

内閣府 食品安全モニターの募集

行政モニターの募集情報です。
現在、内閣府食品安全委員会が平成25年度食品安全モニターの募集を行っています。

■ モニター名 食品安全モニター
■ 募集人数 70名
■ 募集期間 平成25年1月31日(木)17:00まで
■ 募集条件
国内在住、満20歳(平成25年4月1日の時点で)以上であること。
公務員でないこと。
以下1〜3のいずれかの条件を満たしていること。
(1)大学等で食品に関係の深い学問(医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学、家政学、食品工学等)を専攻し修了した方
(2)食品に関係の深い資格(栄養士、管理栄養士、調理師、専門調理師、製菓衛生師又は食品衛生管理者その他の事務局長が適当と認めるもの)を保有の方
(3)食品安全に関する業務を業としている方若しくはしていた方又は常勤公務員として食品の安全に関する行政に従事していた方(平成25年4月1日現在常勤の公務員でないこと)

■ モニター期間 
原則1年間だが、最長5年間まで延長あり。
■ 謝礼
食品安全モニター実施要綱、及び、食品安全モニター制度運営要領に基づいて、謝金が支払われる。
過去のデータでは、報告1件につき謝礼1000円。(半年間で最高6000円)
■ 謝礼の受け取り方法
銀行口座に現金振込される。
■ モニターの活動内容
(1)年に数回、アンケート調査に回答する。
(2)食品安全委員会の運営に関する提案を行う。
(3)期間中に食品の安全に関する危害情報を入手した場合、食品安全委員会に報告する。
(4)年に一回、食品安全モニター会議へ出席する。
■ 応募方法
公式サイトの食品安全モニター応募専用フォームから応募する。
■公式サイト
平成25年度食品安全モニターの募集について(お知らせ)
http://www.fsc.go.jp/monitor/2412/monitor-boshu.html

■備考
食品安全モニター会議は仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡で開催され、モニター会員は自宅から最も近い会場で行われる会議に参加する。会議の所要時間は3時間半。会場までの旅費は支給される。

〜こんな人におすすめ〜
食品の安全について興味がある人。仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡近辺にお住まいの人。
行政モニターは活動内容が楽な割に報酬が高いので、募集条件に合う方にはおすすめです。

関連記事:カテゴリー「行政モニター」
posted by tama at 12:01 | 行政モニターの募集