2017年08月10日

古本・ゲームソフト・CD・DVDを高値で売る方法

ネット買取(宅配買取)を行っている古本屋の数が多すぎて、どこを選べばよいか迷ってしまいますね。
手持ちの漫画やゲームソフトなどを高く売るにはどんな買取ショップを選べばよいかをまとめました。
宅配買取で高く売るポイントは3つあります。

一つ目は買取手数料が無料であること。
二つ目は送料が無料であること。
三つ目はショップの買取価格(査定額)そのものが高値であることです。

右斜め下 買取手数料について
買取手数料とは、銀行口座に買取金額を振り込んでもらうときにかかる振込手数料、もしくは、現金書留で買取金額を送ってもらうときにかかる手数料のことです。
買取手数料が有料の場合、600円以上取られることもあります。
できるだけ無料のショップを選びたいところです。

右斜め下 送料について
送料とは自宅から買取ショップに商品を発送するときにかかる運賃のことです。
古本をダンボールで梱包して送るとなると、かなり大きな荷物になってしまいます。
送料無料のショップを選んだ方が良いです。
買取手数料も送料も業界大手の古本屋ほど店側が負担するシステムになっており、こうした店では売る側が赤字になるリスクを負わずに不用品を売ることができます。

右斜め下 買取価格について
最後に、買取価格(査定額)が高いショップとは、商品の査定が丁寧で、なおかつ商品知識のあるスタッフが揃っている店になります。
古本屋はどのジャンルの買取に力を入れているのか、店によって異なります。
自分が売りたい商品について詳しい店を選びましょう。
数量限定のレアグッズなど希少価値のある商品を売りたい場合、送料・手数料がかかってもそのジャンルに強いショップを選んだ方が高く買取してもらえます。

右斜め下 まとめ
一般的な商品を大量に売りたい場合はネットオフのような大手古本屋の買取サービス、価値のあるレア商品を高く売りたい場合は駿河屋のような査定力のある店の買取サービスがおすすめです。
売りたいものの現在の価値が自分ではよくわからない場合は、買取サイトで買取価格表や高価買取リストをチェックしたり、無料で事前査定を行ってくれる駿河屋の「あんしん買取」コースを利用するとよいでしょう。

ペン 管理人の口コミ体験談
 口コミ1:ネットオフにコミック、CDを大量売却
読まなくなったマンガ・コミック類150冊と、聴かなくなったCDアルバム10枚をネットオフに売却しました。
ネットオフを選んだ理由は、売りたいものの量が多すぎて送料を自分で負担すると赤字になりそうだったからです。
ネットオフは送料も買取手数料も無料で、売る側が赤字にならないシステムになっています。
ネット買取に出す商品はダンボール5箱分でした。
古い少年マンガ中心で査定額は4千円弱でしたが、大量のマンガがゴミにならずに済み満足です。
ダンボール5箱もの不用品を自力で処分するのは大変なので、自宅まで集荷に来てくれるネット買取サービスは便利でした。

 口コミ2:駿河屋にレトロゲームを売却
実家に子どもの頃遊んだゲームソフト、ゲーム機本体が残っており、母が邪魔になると言うので駿河屋に売りました。
駿河屋はレトロゲームやマニアックな商品の買取に強く、他の大手古本屋では買い取ってもらえないようなものでも一点一点査定してくれます。
例えば、15年以上前のPCエンジンソフトが一本三千円で売れました。
ネオジオCDの本体やコントローラー、ネオジオのソフトもかなりの高額で買い取ってもらえました。
既に販売元が倒産していて今やゴミにしかならないのではと思っていましたが、今でも需要があるようです。
想像以上の高値で買取してもらえました。


右斜め下 ネット買取のおすすめランキング
1位ネットオフ

ネットオフは買取キャンペーン中に売ると高く買取してくれます。
ネットオフの口コミと評判

2位ゲオ宅配買取
ゲオ 宅配買取
ゲオ宅配買取はゲームを売りたい人におすすめです。
ゲオ宅配買取 口コミと評判

3位ブックオフオンライン
ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
ブックオフオンラインはコミック、小説、雑誌、洋書、辞書、参考書などの古本を売りたい人におすすめです。
ブックオフオンラインの口コミと評判

4位駿河屋
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
駿河屋はアダルト作品、レトロゲーム、同人誌、フィギュア、プラモデル、トレカ、アイドルグッズなどマニアックな商品を売りたい人におすすめです。
駿河屋の口コミと評判

【関連記事】
不用品を売るならネット買取がおすすめ。その理由とは?
古本・ゲーム・CD・DVDを売りたい人におすすめの買取業者まとめ
posted by tama at 00:00| ネット買取とは?

2015年08月10日

古本屋のネット買取サービスとは

不用になった本を古本屋に売りたいとき、昔は直接店舗に持ち込むか、古本屋のスタッフに自宅まで出張買取に来てもらうかの二択でした。
インターネットが普及した今、古本屋のホームページから申し込み、古本をダンボールに詰めて宅配業者に集荷に来てもらう形のネット買取サービスが広がっています。
自宅にいながら少しの手間で不用品を現金に変えられるこのサービス、メールアドレスがあれば誰でも簡単に利用できます。
引越しや大掃除などで不要な本・ゲーム・CD・DVDが見つかったときにとても便利なサービスです。
ネット買取のおすすめ

【ネット買取に必要なもの】
・メールアドレス
・銀行口座
・買取申込書(ショップのHPからプリントアウトする)
・身分を証明するもの(免許証、学生証、保険証など)
・ダンボールとガムテープ

メールアドレスは買取ショップから査定額の連絡を受けるのに使います。
銀行口座は家族のものでも申し込めますが、本人名義の方が申し込み手順が簡単です。
買取申込書は買取サイトからプリントアウトして、必要事項を記入します。
プリンターが自宅にない場合は手書きでも大丈夫です。
身分を証明するのものはコピーを取って荷物に同封します。

右斜め下 古本・ゲームソフト・CD・DVD買取の手順
ネット買取の流れ
【前準備】
・利用する買取ショップを決める。
・ネット買取に必要なものを用意する。
・古本や中古ゲームソフト、CD、DVDなどを整理して、売りたいものが全部で何点あるかを数えておく。
 ↓
【買取申し込み】
(1)インターネットを使ってショップに買取申込みを行う。このとき、宅配業者の集荷時間を指定する。
(2)売りたい古本や中古ゲームソフトなどをダンボールに詰める。箱の中には買取申込書(買取申込時のPC画面をプリントアウトしたもの)に必要事項を記入したものと身分を証明するもののコピーを同封する。
(3)集荷に来た宅配業者にダンボールを渡す
(4)数日後、ショップから査定額を知らせるメールが届く
(5)査定額に納得したことを伝えるメールを出す
(6)買取金が指定口座に振り込まれる。(または現金書留が自宅に届く)

※この手順はオーソドックスな買取手順で、荷物を送る前に全商品の仮査定をしてくれる店など例外もあります。

【関連記事】
不用品を売るならネット買取がおすすめ。その理由とは?
古本・ゲーム・CD・DVDを売りたい人におすすめの買取業者まとめ
posted by tama at 00:00| ネット買取とは?