2013年04月27日

アンケートの種類について

アンケートモニターに登録すると様々なアンケート依頼が届きます。
webアンケートの依頼が多いですが、ホームユーステスト、座談会、会場調査などの調査依頼が届くこともあります。
webアンケート以外の調査は謝礼額がより多く貰える、稼げる調査です。
特に会場調査と座談会は時給に換算すると数千円にもなりますので、アンケートモニターで稼ぎたい人は積極的に参加されることをおすすめします。
以下に各アンケートの特徴と報酬額の相場をまとめました。

【webアンケート】
ブラウザ上でアンケートに回答します。
ポイント系アンケートモニターの場合、予備調査と本調査の二種類があります。
予備調査によって本調査に必要な回答者が選び出されます。
予備調査は数問からなる短いアンケートで、1件あたりの謝礼も数円と低いです。
本調査は質問数によって謝礼額に差があり、1件あたりの謝礼はおよそ数十円〜数百円です。
回答に時間がかかるアンケートほど報酬が高くなります。

【メールアンケート】
質問が記載された依頼メールが届きます。
回答者はそのメールに回答を書き足してリサーチ会社に返信します。
依頼メールの中から質問部分のみを抜き出して回答を付け足して返信するものが多いです。

【座談会】
指定された日時に会場へ出向き、参加者数人とテーマについて討論したり司会者(プロ)の質問に答えたりします。
参加者は3〜8人程度です。
二時間程度で終わるものがほとんどです。
謝礼は¥6000〜15000が相場です。
現金で受け取ることもあれば、相当額の商品券が配られることもあります。
依頼は首都圏に多いです。

【会場調査】
指定された日時に会場へ出向き、調査員の指示に従って商品・サービスについての意見を出したりアンケートに回答したりします。
調査員以外とは話をする必要がありません。
15分〜30分程度で終わるものがほとんどです。
座談会ほどコミュニケーション能力が要求されませんので、より楽です。
謝礼は¥3000〜6000が相場です。
現金で受け取ることもあれば、相当額の商品券が配られることもあります。
依頼は首都圏に多いようです。

【郵送アンケート】
郵送でアンケートを受け取り、回答も郵送で行います。
謝礼はピンキリですが、大体¥300〜1500程度です。

【電話アンケート】
電話で調査員から質問を受け、その場で回答します。
電話は指定された日時に会社側からかかってきます。
謝礼は郵送アンケートと同じ程度です。

【FAXアンケート】
アンケートに対する回答をFAXでリサーチ会社に送信します。
通信費はこちら持ちです。謝礼は郵送アンケートと同じ程度です。

【製品試用・実食アンケート】
企業の商品サンプルを自宅に郵送してもらい、試用や試食をした後にアンケートに答えます。
商品サンプルは無料です。
試用・試食する量・日数・ペースなどはあらかじめ指定されていることがあります。
(ex.某新商品のシャンプーを10日間毎日使った後、アンケートに回答する、など)
謝礼はピンキリです。
私の経験では¥500〜3000程度でした。

【覆面調査・ミステリーショッパー】
企業の実店舗に客として出向き、従業員の接客態度やサービス、商品の質などをチェックして評価する調査です。
店員・店舗側には覆面調査員であることを知られないように、通常の客として振舞います。
事前にリサーチ会社側から何をチェックして報告するのか、細かい指定があります。
謝礼は座談会や会場調査に次いで高いです。
調査する上で商品の購入が必要な場合は後日必要経費が支払われるケースがほとんどです。
必要経費+3000〜5000円程度の報酬が相場です。
飲食店や美容サービスの依頼が多いです。

※webアンケート、メールアンケート以外の調査でも、参加の打診はまずメールで来ます。
突然リサーチ会社から電話やFAXが来るということはありません。

【関連記事】
アンケートモニターの用語集
posted by tama at 19:56| アンケートモニターについて