2011年07月16日

【レビュー】動画編集ソフトPowerDirector 9

動画編集ソフト「PowerDirector 9」

サイバーリンク(CyberLink)社の動画編集ソフト「PowerDirector 9」のレビューです。

※2019年現在の最新版は「PowerDirector 17」です

サイバーリンク
体験版ダウンロードもこちらから

サイバーリンク(CyberLink)といえば、動画再生ソフトのPowerDVDで有名ですが、動画編集ソフトの開発・販売も行っています。

PowerDirector」はWindows対応のHDビデオ編集ソフトです。
ダウンロード価格9200円で、Windows7にも対応しています。(Macは非対応)

結婚式や子どもの運動会、お稽古事の発表会など、ビデオカメラで撮影した映像にBGMを入れたり、不要なシーンをカットしたり、自分好みの編集を行うことができるソフトです。

PowerDirector9は各メディアへの出力機能が充実しており、youtubeやfacebookなどへのアップロードを直接行ったり、ブルーレイディスクへのデータ保存はもちろんのこと、iPad、iPhone、iPod、BlackBerry、PSPなどの携帯型メディアプレイヤー用の動画も作れます。

PowerDirectorの体験版

サイバーリンク(CyberLink)の公式サイトから30日間無料で使える体験版をダウンロードできるので、早速私もダウンロードしてみました。

元々今使っているパソコンに入っているDVD再生ソフトがサイバーリンク社の製品だったので、馴染みがあって導入しやすかったです。

無料体験版は使える機能が一部制限されている点と、出力した動画の最初にロゴが挿入される点が有料版と異なります。

PowerDirectorは動作がサクサク!

私がPowerDirector9を使ってみて良いなと思ったのは、処理の早さと操作の分かりやすさでした。

動画の編集は動画の解像度が大きければ大きいほど、動画の時間が長ければ長いほどPCに負担がかかります。
あまり処理能力の高くないPCで動画編集ソフトを動かすと、フリーズしてしまうことも多いです。

私は低スペックのPCを使っていますが、PowerDirectorの処理時間は気になりませんでした。

PowerDirectorはトランジションやエフェクトの種類も充実していて、素人が直感的に作業しやすいように作られています。

コスパ面も考えると、PowerDirectorはなかなか使い勝手の良いソフトだと思います。

まずは無料体験版でPowerDirectorの動作を確認!

今使っている動画編集ソフトに不満がある方は、一度体験版をダウンロードして使い比べてみてはいかがでしょうか。

動画編集ソフトはPC本体との相性問題がかなりあるので、いきなり本製品を購入せずに、まずは体験版でフリーズしないかどうか、処理が重くないかどうかを確認することをおすすめします。

【関連記事】
サイバーリンク PowerDVDの19%割引キャンペーン

posted by tama at 00:00 | お得なセール情報