2018年05月11日

DMM光のキャッシュバックキャンペーンを利用するには?

2018年4月にDMM光のキャッシュバックキャンペーンに申し込んだので、DMM光の契約からキャッシュバックまでの流れをまとめました。

※この記事は随時更新します。

右斜め下 DMM光のキャッシュバックキャンペーンとは?

2018年5月現在、DMM光のキャッシュバック金額は工事費無料+3,000円か工事費無料+5,000円のどちらかです。
「新規」でDMM光に申し込むと5,000円のキャッシュバックが、「フレッツ光回線からの乗り換え」でDMM光に申し込むと3,000円のキャッシュバックが貰えます。

DMM光のキャッシュバックキャンペーンを利用するには、キャッシュバックキャンペーン用のバナーからDMM光に申し込む必要があります。
キャッシュバックキャンペーン用のバナーをクリックすると、通常の申込みページとは違うキャッシュバックキャンペーン専用の申込ページに飛びます。

↓のバナーがDMM光のキャッシュバックキャンペーンバナーです。
最新のキャッシュバックキャンペーンをチェックしたい方は、下のバナーをクリックしてみてください。


【DMM光】で安くなる!高品質は光インターネット

【2018/4/4】キャッシュバックキャンペーン用のバナーからDMM光に申し込む

私はちょうど2018年4月下旬までにインターネットの新規契約をしなければならない事情があったので、キャッシュバックキャンペーンを利用してDMM光に申し込むことにしました。
私はフレッツ光が入っている集合住宅に住んでいます。
DMM光なら月額3,780円でv6プラス対応の光インターネット回線が利用できるようです。

右斜め下 DMM光のキャッシュバックを受け取る方法とは?

(1)DMM光利用開始月の翌月から11ヵ月目に、DMM会員登録のメールアドレス宛てにキャッシュバック受取り手続きの案内メールが届く
※受取手続きの案内メールは対象月の1日から5日頃に送信される

(2)案内メール送付翌日から14日間以内に受取手続きを行う

(3)手続き完了後、数日以内に指定した口座へ送金される

案内メールを受信した翌日から14日以内に受取手続きを行わなかった場合には、後から問い合わせてもキャッシュバックは貰えません。
DMM光からの案内メールがいつ頃届くのか、忘れないようにカレンダーかスケジュール帳にメモしておいた方が良いかもしれませんね。

DMM光に限らず、光コラボやWiMAXのキャッシュバックは自動的にお金が戻ってくるのではなく、指定された手続きをこちらがきっちり行わないとキャッシュバックして貰えません。
私も今回、DMM光のキャッシュバックが間違いなく貰えるように、慎重に手続きを進めていこうと思っています。

右斜め下 なぜDMM光に決めたのか?

DMM光のサービス内容をNTTフレッツや他の光コラボ業者と比較すると、DMM光は初期工事費が無料である点と、2年間使えば以降は解約手数料がかからない点が良いと思いました。
ちなみに、2年以内に解約した場合の解約手数料は9,500円です。

NTTフレッツの場合、解約時期によってはこの手数料が3万円もかかる上に、何年NTTフレッツを利用し続けてもタダで解約できる月が一年間で2ヶ月しかないところが大きな不満でした。
※もっともっと割を適用する場合の話です

スマホの契約でもそうですが、自分が好きなタイミングで同業他社に乗り換えたいので、あれこれと解約にペナルティをつけられたくないんですよね。
止むを得ない事情で引越を行うこともあるし、インターネット回線の契約で長期間縛られたくありません。

DMM光からキャッシュバックの案内メールが届いたら、また続報を投稿したいと思います。
一つ心配なのは、これからDMM光に申し込んでいつ工事をしてもらえるか、ということです。
ネットの口コミでは、申込みから工事までに日数がかかったという内容のものをちらほら見かけました。
DMM光のキャッシュバックキャンペーン

【2018/4/10】 DMM光からコンサルティングの電話がある

続報です。
上のバナーからDMM光に申し込んだちょうど一週間後、4月10日にDMM光からコンサルティングの電話がかかってきました。
なかなか電話がかかってこなかったので、正直待ち長かったです。

工事日は最短で4月27日(金)に可能で、それを逃すと5月以降になるとのことでした。
現在はかなりNTT光フレッツの工事日程が混み合っているようです。
その場で工事日を4月27日に決定しました。
私が住んでいる部屋には光コンセントがないので、新しく光コンセントを作る室内工事を行うことになりました。

今回の電話では私がキャッシュバックキャンペーンの対象者になっていることと、契約内容の確認も行いました。
※こちらから聞かなくても、オペレーターの方から確認があります

V6プラスでインターネットに接続するためには基本料金3780円に加えて、無線LANルータのレンタルが必要とのことでした。
なお、自分でV6プラス対応の無線LANを用意できる人はレンタルしなくて良いそうです。
私は自分で買って用意するのが面倒だったので、月額300円の無線LANルータをDMMから借りることにしました。
DMM光のV6プラス

また、室内工事を行うに当たって
「マンションの集合装置に鍵がかかっている場合、工事日に鍵を開けておくように管理会社に連絡しておいてください。集合装置の鍵が開いていないと、当日に工事ができません」
と言われました。

後日、マンションの管理会社に上記の説明をすると、
「集合装置はポンプ室にあり、鍵がかかっている。ポンプ室の鍵を開けっ放しにはできないので、NTTフレッツの工事担当者が工事日に管理会社まで鍵を取りに来るように。また、今回のインターネット工事について、工事業者から管理会社に電話をして説明するように」
と言われました。

私が住んでいる物件は建物全体にNTTフレッツ光の回線が導入済みで、賃貸契約を行った時に「インターネットはどこでも好きなところをどうぞ」と言われていましたが、室内工事を勝手にしてはいけないようです。

管理会社の指示を工事業者に伝えるために、DMM光のサービスセンターに電話しました。
これがダイヤルは鳴ってもなかなか繋がらない……
フリーダイヤルでオペレーターに繋がるまでに20分待ちました。

オペレーターに工事業者から管理会社へ電話で連絡を入れるようにお願いして、この日は電話を切りました。
光コンセントを作る室内工事について、私が住む物件では工事業者から管理会社に事前連絡をして許可を取る必要があるようですが、今回の流れでは、私がDMM光にお願いしない限り、DMM光側から管理会社に説明を行う予定はなかったようです。

【2018/4/12】DMM光から工事日確定通知が届く

続報です。
コンサルティングの電話から二日後、DMM光から工事日確定通知のメールが届きました。

DMM光の工事日確定通知

電話の後にメールで通知が来ると安心できますね。
また進展があれば、更新したいと思います。

【2018/4/25】 無線LANルータと無線LANカードが届く

続報です。
工事日の二日前にレンタル品の無線LANルータと無線LANカードが自宅に届きました。
v6プラス対応ホームゲートウェイは届きませんでした。
工事担当者の方が当日に持ってくるのでしょうか。

【2018/4/27】 工事できずに終了

続報です。
想定外のトラブルがあり、DMM光のインターネット室内工事ができませんでした。
当日、工事担当者の方が来て分かったのですが、室内の電話線が壁の中で全く動かなくなっていて、光コンセントを通して引き込むことができませんでした。
築年数が古いマンションでリフォームやリノベーションを行っている場合、壁や天井の中が建設当初の設計とは変わっていて、光コンセントがスムーズに引き込めないことはよくあるそうです。

また、前の入居者がこの部屋でNTTフレッツ光の工事を行った履歴があることが分かりました。
「室内のどこかに光コンセントがあるはず」とのことで、工事担当者に室内を調べてもらったところ、光コンセントをなぜか玄関の靴箱から引き込んだ形跡がありました。
靴箱の一番下の段(フローリング材)が直径10センチくらいの円形に丸くくり貫かれていて、その下に光の線が入っていました。
※光コンセントそのものは撤去されていました
電話線から光の線を引き込めなくて、玄関の靴箱から通したということなのでしょうか。
フローリングに大きな穴が開いてしまっているので、普通なら大家さんの許可なしにできる工事ではありません。

玄関周辺には電気のコンセントがないので、光コンセントだけ靴箱の床から通しても、ホームゲートウェイやモデムを繋げません。
そして、開き戸の構造になっている靴箱の中に光コンセントを作ってしまっているので、靴箱を開けっ放しにしないとコンセントが外に出せません。
前入居者がどうやって光インターネットを使っていたのか不明です。

とりあえず、靴箱の中にある光コンセントがまだ使えるとしても、玄関周辺に電気コンセントがなく、延長コードで繋ぐにも都合が悪い間取りのため、工事は保留となりました。
管理会社に報告をして、今後どうするか検討します。
インターネットが自宅で使えなくて仕事にも支障が出ているので、数日中にwifiのレンタルを検討しています。

※ホームゲートウェイは当日、工事担当者の方が持ってきてくれました。

【2018/5/2】 DMM光の契約をキャンセルする

続報です。
マンションの管理会社経由で賃貸物件のオーナーに交渉した結果、玄関周辺に電気コンセントを設置する工事は許可が貰えませんでした。
残念ですが、DMM光に限らず、光インターネットは全て利用できない賃貸物件ということになります。
DMM光には「設置工事が不可能なため、契約をキャンセルする」と電話で伝えました。
キャンセル料などはかからないそうで、安心しました。
自宅に届いたルーターは送り返すことになりました。

今回、DMM光とのインターネット契約を決めるまで、情報収集にかなり時間がかかりましたが、全部無駄になってしまいました。
築年数が古い物件に住んでいなければ、このような問題は起こらなかったのかもしれません。
次に引っ越すときは築浅の物件に引っ越したいです。

光インターネットが使えないとなると、私の環境ではケーブル会社(J:COM)かWiMAXかの2択になります。
ネットで各社のサービスを比較した結果、2年契約でキャッシュバックキャンペーンを行っているGMOとくとくBBのWiMAX2+に申し込むことにしました。

私が住んでいる地域はWiMAX2+の440Mbps対応エリアです。
WiMAX2+の室内利用は光インターネットほどの速度は望めませんが、キャッシュバックを貰って2年ちょうどで解約するなら、GMOとくとくBBのWiMAX2+はDMM光と比較して料金が高くつくことはありません。




最大40,500円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)〜とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら

キャッシュバックを失敗なく受け取らないと割高になるので、注意したいと思います。

【2018/5/7】 GMOとくとくBBのWiMAX2+利用開始!

続報です。
5月4日にネットから申込みを行ったGMOとくとくBBのWiMAX2+ですが、3日後の5月7日にはwifi端末とsimカードが届き、その日から何の問題もなく使えました!
これで一安心です。

私はWimaxを自宅外に持ち出すことはないので、クレードル不要の「Speed Wi-Fi HOME L01s」というwifi端末を選びました。
「Speed Wi-Fi HOME L01s」はsimカードを端末に差し込んで、ACアダプタを電気コンセントに繋ぐだけで何の設定もせずに使えました。
LANケーブルでPCと有線接続をして、大体4Mbps〜11Mbps前後の速度が出ています。
このくらいの速度なら特別速くはありませんが、普通にネットする分には支障ありません。
雨の日はやや速度が遅くなるようです。

ちなみに、Wimax2+のピンポイントエリア判定で○〜△の判定を貰っている地域です。
Wi-Fi端末は窓から4メートルほど離れた場所に置いています。
私の環境では、ケーブルテレビの安いプランに契約するよりもWiMAXの方が速くて安いようです。

WiMAXは室内工事をする必要がないので、引越することになっても今のWi-Fi端末をそのまま使い続けられます。
速度が安定して出る環境なら、なかなか便利なサービスだと思います。

今回、GMOとくとくBBに申し込む前に、UQ WiMAXの「Try WiMAX」という15日間無料でWiMAX2+をレンタルできるサービスを利用しました。
WiMAXでどの程度の速度が出るのか、回線が安定しているのか、無料でお試しできたのはありがたかったです。
posted by tama at 00:00| お得なセール情報